MAC 10.8 Mountain LionのBoot CampにWindows XPをインストール&SP2からSP3へ&クローン作成。

まず、Mountain LionのBoot Campは、 Windows XPをインストールできません。
アシスタント(Ver. 5.0.1)はWindows7以上にしか対応していない為できないと言うことらしい。
実際にBOOTCAMPからはできない。
しかし、MAC 10.8 Mountain LionのBoot CampにWindows XPをインストールできました。
その上、SP2でしたので、サポートが終了しておりました。
しかし、SP3にアップグレードをして、WinCloneでイメージでバックアップ。
復元も可能です。
こちらの環境ではPeronalBuckupで外付けUSBディスクにクローンの作成も成功。
常時、定期的にBootCampのXPをバックアップに更新できます。
また、バックアップも同時に壊れたときには、もとのイメージから簡単に復元できる環境が作成できました。

環境はMacBookPro OS10.8.4 外付けハードディスクUSB WinClone3.7 Personal Backup X5
以下に手順を記録します。

1/そこで、まずディスクユーティリティでWindows XP用のパーティションを作成する。
フォーマットはMS-DOS(FAT) ※40GBで作成しました。(大きさは自由です)
2/Windows XPのインストールディスクを用意します。
ドライブにインストールディスクを入れてマウントしたら、再起動をして、起動時にボーンと鳴れば、Optionキーを押しっぱなしにする。
起動ドライブの選択画面でWindowsのディスクを選択して起動する。
3/Windows XPのインストール画面に従ってインストールする。※WinCloneがNTFSにしか対応していないので、NTFSでフォーマットしました。(必要ない場合は、自由にフォーマットして下さい)
4/インストールが完了すると、再起動をしたときに、起動時にボーンと鳴れば、Optionキーを押しっぱなしにする。
起動ドライブの選択画面で今度はWindowsがインストールされたドライブを選択して起動する。
5/続けてインストールや設定が続く。Windowsのインストールを最後まで行う。
(重要)この時点では、殆どのドライバが全く入っていない為、ネットワーク、 無線LAN、 Bluetooth、Functionキー、サウンドなどなどが一切使えませんから、もちろんどこにもアクセスできません。認証も付加で全く使えません。
※この状態で、ディスクを取り出すのですが、こちらの環境では一度MACで立ち上げてからでないと取り出せませんでしたので、取り出してから再度再起動して4を行いました。
6/ここで、Windows XPが立ち上がった状態で、MacBookPro付属の10.6 Snow Leopardのインストールディスクを挿入します。すると自動的に、Boot Campの各ファイルのインストールが開始されますので、最後までインストールを完了させます。すると、瞬く間にMacと同様にあらゆるシステムが利用可能になります。
7/ここで、SP2でしかインストールできないアプリケーションはインストールしておいて下さい。
8/次に、困ったことにSP2からSP3へのアップグレードだけでなく、その他のアップグレードはエラーコードがでてアップグレードできません。理由はサポート終了のためと言うことらしいです。
9/そこで、開発者用のSP3を下記からインストールします。
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=24

※リンク切れが恐いので、こちらではファイルをダウンロードして保存しておきました。

10/するとアップグレードが完全に使えますので、様々なアップグレードを行います。

これで完成です。

11/次にMACに戻って、WinCloneで復元用のイメージファイルを作成して、PersonalBackupでクローンを外付けハードディスクに作成し定期的な同期を設定しました。

12/おまけとして、ParallelsDeskTop8でBOOTCAMPでのXP仮想マシンも実現しました。

以上です。

NortonAntivirusを外す

社内のクライアントからの、WordPressの管理者アクセスをすると、頻繁にサーバーのCPUが暴走します。
調べてみると、NortonAntivirusをMAC OSX Serverで運用するのは、結構問題が多いらしく、とりあえず、完全にアンインストールしてみました。
(アンインストールはアプリケーションフォルダー内のSymantecフォルダーにあります)
iAntiVirusは動作しており、iavdが結構CPUを使用して走っていますので、心配ですが、今のところ大丈夫のようです。
しばらくはこれで運用しますが、iAntiVirusは優れているようですので、このまま問題が無ければiAntiVirusでセキュリティは確保します。

FAXをiPad・iPhoneから送る方法

FAXをiPad・iPhoneから送る方法は多くある。

  1. FileMakerGoを使用
    1. サーバーに、FAX送信用ファイルメーカーファイルを設置、詳しくはこちら
    2. iPadではアップルスクリプトが動かないので、ファイルメーカーのスクリプトだけで動ファクス送信画面を保存。
    3. サーバー側でファクス送信をする。(サーバー側には1の環境ができていることが前提)
    4. 時間設定で動くようにするか、フォルダーアクションを使用して、ファクスを送信する。
  2. メールで内容を送信。
    1. 詳しくはこちらを参照。
    2. メール送信をすると、その内容を自動的にファクス送信ファイルメーカーファイルで、FAXを送信する。前項の応用。
  3. PalmFaxで送信。(ユーザー登録とクレジットを購入済み。1送信12円くらい)通常カバーページからテキストのみ簡単な文書は送ることができる。
    1. PagesやNumbersなどから送信する方法。
      1. Box.net http://www.box.net/に登録
        無料の「Lite版」総容量1GB
      2. Pagesで書類を作る(FAX送信用ファイル)
        ヘッダーなどを作ってひな形で置いておいて、必要部分を変更すると良い。
    2. WebDavにコピー
      サーバアドレス:http://box.net/dav
      ユーザー名:Box.netに登録したメールアドレス
      パスワード:Box.netに登録したパスワード
    3. PalmFaxを開く。
      ファイルを選択から、オンラインドキュメント、Box.netを選択すると、コピーしたファイルがあるのでそれを選択して、ファクス送信するだけ。

ファイルメーカーFAX送信スクリプト

PageSenderの

file://localhost/Library/Application Support/PageSender/AppleScript Examples/

よりFilemaker Pro Example.fp7

を加工して使用する。

  1. まず、フィールドを作成
    1. pagesender Folder(名前は何でも良い)   テキスト
    2. Name(使っているフィールドでも、何でもいい)名前を入れるところ
    3. Description(使っているフィールドでも、何でもいい)サブジェクトタイトルを入れるところ
    4. Fax Number(使っているフィールドでも、何でもいい)FAX番号を入れるところ
  2. 次にレイアウトを作成
    1. FAX(名前も自由。既存のレイアウトでいい)
    2. Data Entry(名前も自由。既存のレイアウトでいい)データを表示しているところ
      FAX送信に必要なデータフィールドを表示する。
    3. Config(名前も自由。既存のレイアウトでいい)設定値を入れるところ。
      ここに、フィールド pagesender Folderを配置しておく
  3. 次にスクリプトを変更
    1. Fax Invoicesの変数を設定の値を変更(◯◯◯の部分をデータが格納されているテーブル名にする)
      “filemac:” & ◯◯◯::pagesender Folder & “/FMProExport.pdf”
    2. get pagesender data folder pathのAppleScriptを変更(以下の部分の◯◯をファイル名にする、アプリケーションは使っているファイルメーカー名にする)
      tell application “FileMaker Pro Advanced”
      if (version as text < “7”) then
      set theDoc to document “◯◯.fp7”
      else
      set theDoc to item 1 of (documents whose name starts with “◯◯”)
      end if
    3. runCompiledFaxScriptのAppleScriptを変更
      1. まず2.と同じところ同じように変更
      2. 次に、 送信するファクスページのレイアウト名を◯◯に入れる。Invoiceをそのまま使う場合は変更しない。
        tell theFaxInfo
        set regarding to “◯◯”
        set schedule at to “now”
        end tell

        tell theFaxInfo set regarding to “FAX” set schedule at to “now” end tell

  4. ファイルメーカーは以上で完成
  5. 次に、PageSenderの設定の留意点。
    こちらの環境では、どうしても、スマートダイヤルを使用するらしい。なので、以下のget pagesender data folder pathのAppleScriptを変更した。
    tell theFaxNumber
    set phone number to varPhoneValue
    set name to varNameValue
    set country code to “1”
    end tell

    tell theFaxNumber
    set phone number to varPhoneValue
    set name to varNameValue
    end tell
    に変更。set country code to “1”を除いた。
  6. 次にPageSenderFaxCenterの環境設定のダイヤルのところの設定は下記の通り
  7. 次にPageSenderFaxCenterの環境設定のモデムのところの設定は下記の通り
  8. ファックスのファックスサービスはファックスモデム(ユニックス efax)を選択

以上で完成です。

携帯振り分け.htaccses

下記ドキュメントを記述して、.htaccess のファイルを作成して、第一階層に保存。WEB共有を再起動
(i)は携帯用フォルダー
# .htaccessパソコンからアクセスすると pc フォルダに自動転送
# 携帯からアクセスすると mobi フォルダに自動転送
# Options -Indexes
# < IfModule mod_rewrite.c>
# DoCoMo
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} DoCoMo
RewriteRule ^$ /i/ [R]
# Softbank
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} J-PHONE
RewriteRule ^$ /i/ [R]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} Vodafone
RewriteRule ^$ /i/ [R]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} SoftBank
RewriteRule ^$ /i/ [R]
# AU KDDI
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} KDDI
RewriteRule ^$ /i/ [R]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} UP.Browser
RewriteRule ^$ /i/ [R]
# DDI Pocket
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} DDIPOCKET
RewriteRule ^$ /i/ [R]
# WILLCOM
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} WILLCOM
RewriteRule ^$ /i/ [R]
# iPod
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} iPod
RewriteRule ^$ /i/ [R]
# iPhone
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} iPhone
RewriteRule ^$ /i/ [R]
# WILLCOM
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} PDA
RewriteRule ^$ /i/ [R]
# < /IfModule>

# .htaccessパソコンからアクセスすると pc フォルダに自動転送# 携帯からアクセスすると mobi フォルダに自動転送
# Options -Indexes# < IfModule mod_rewrite.c>
# DoCoMoRewriteEngine OnRewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} DoCoMoRewriteRule ^$ /i/ [R]
# SoftbankRewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} J-PHONERewriteRule ^$ /i/ [R]RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} VodafoneRewriteRule ^$ /i/ [R]RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} SoftBankRewriteRule ^$ /i/ [R]
# AU KDDIRewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} KDDIRewriteRule ^$ /i/ [R]RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} UP.BrowserRewriteRule ^$ /i/ [R]
# DDI PocketRewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} DDIPOCKETRewriteRule ^$ /i/ [R]
# WILLCOMRewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} WILLCOMRewriteRule ^$ /i/ [R]
# iPodRewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} iPodRewriteRule ^$ /i/ [R]
# iPhoneRewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} iPhoneRewriteRule ^$ /i/ [R]
# WILLCOMRewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} PDARewriteRule ^$ /i/ [R]
# < /IfModule>

WordPress記事の一括削除

  1. まず、テーマをデフォルトのテーマに戻す。
  2. PHPadminで削除
    1. POSTとPOSTMETAを両方空にする。(削除しないこと)
  3. adminからテーマを戻す。
  4. 終了

ファイルメーカーからファイル単位でBENTOへ書出し

ファイル単位で書き出す場合、EXELの形式で1行目をタイトルの値に使用して書き出す。繰り返しフィールドは対応していない。文字コードはUTF-16に自動的になり、変更出来ません。

BENTOからインポートでファイルを選択して、1行目にタイトルの値を使用してください。

《重要》タイムマシーンでのデータの復元

SQLデータ修復しました。

先日からのデータの復元は、メールから復元したので、更新は反映されていません。タイムマシーンを使用して、旧データに戻す場合は注意してください。

タイムマシーンでのデータの復元は必ず、最新のタイムマシーンデータを作成してから実行してください。