MAC 10.8 Mountain LionのBoot CampにWindows XPをインストール&SP2からSP3へ&クローン作成。

まず、Mountain LionのBoot Campは、 Windows XPをインストールできません。
アシスタント(Ver. 5.0.1)はWindows7以上にしか対応していない為できないと言うことらしい。
実際にBOOTCAMPからはできない。
しかし、MAC 10.8 Mountain LionのBoot CampにWindows XPをインストールできました。
その上、SP2でしたので、サポートが終了しておりました。
しかし、SP3にアップグレードをして、WinCloneでイメージでバックアップ。
復元も可能です。
こちらの環境ではPeronalBuckupで外付けUSBディスクにクローンの作成も成功。
常時、定期的にBootCampのXPをバックアップに更新できます。
また、バックアップも同時に壊れたときには、もとのイメージから簡単に復元できる環境が作成できました。

環境はMacBookPro OS10.8.4 外付けハードディスクUSB WinClone3.7 Personal Backup X5
以下に手順を記録します。

1/そこで、まずディスクユーティリティでWindows XP用のパーティションを作成する。
フォーマットはMS-DOS(FAT) ※40GBで作成しました。(大きさは自由です)
2/Windows XPのインストールディスクを用意します。
ドライブにインストールディスクを入れてマウントしたら、再起動をして、起動時にボーンと鳴れば、Optionキーを押しっぱなしにする。
起動ドライブの選択画面でWindowsのディスクを選択して起動する。
3/Windows XPのインストール画面に従ってインストールする。※WinCloneがNTFSにしか対応していないので、NTFSでフォーマットしました。(必要ない場合は、自由にフォーマットして下さい)
4/インストールが完了すると、再起動をしたときに、起動時にボーンと鳴れば、Optionキーを押しっぱなしにする。
起動ドライブの選択画面で今度はWindowsがインストールされたドライブを選択して起動する。
5/続けてインストールや設定が続く。Windowsのインストールを最後まで行う。
(重要)この時点では、殆どのドライバが全く入っていない為、ネットワーク、 無線LAN、 Bluetooth、Functionキー、サウンドなどなどが一切使えませんから、もちろんどこにもアクセスできません。認証も付加で全く使えません。
※この状態で、ディスクを取り出すのですが、こちらの環境では一度MACで立ち上げてからでないと取り出せませんでしたので、取り出してから再度再起動して4を行いました。
6/ここで、Windows XPが立ち上がった状態で、MacBookPro付属の10.6 Snow Leopardのインストールディスクを挿入します。すると自動的に、Boot Campの各ファイルのインストールが開始されますので、最後までインストールを完了させます。すると、瞬く間にMacと同様にあらゆるシステムが利用可能になります。
7/ここで、SP2でしかインストールできないアプリケーションはインストールしておいて下さい。
8/次に、困ったことにSP2からSP3へのアップグレードだけでなく、その他のアップグレードはエラーコードがでてアップグレードできません。理由はサポート終了のためと言うことらしいです。
9/そこで、開発者用のSP3を下記からインストールします。
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=24

※リンク切れが恐いので、こちらではファイルをダウンロードして保存しておきました。

10/するとアップグレードが完全に使えますので、様々なアップグレードを行います。

これで完成です。

11/次にMACに戻って、WinCloneで復元用のイメージファイルを作成して、PersonalBackupでクローンを外付けハードディスクに作成し定期的な同期を設定しました。

12/おまけとして、ParallelsDeskTop8でBOOTCAMPでのXP仮想マシンも実現しました。

以上です。

NortonAntivirusを外す

社内のクライアントからの、WordPressの管理者アクセスをすると、頻繁にサーバーのCPUが暴走します。
調べてみると、NortonAntivirusをMAC OSX Serverで運用するのは、結構問題が多いらしく、とりあえず、完全にアンインストールしてみました。
(アンインストールはアプリケーションフォルダー内のSymantecフォルダーにあります)
iAntiVirusは動作しており、iavdが結構CPUを使用して走っていますので、心配ですが、今のところ大丈夫のようです。
しばらくはこれで運用しますが、iAntiVirusは優れているようですので、このまま問題が無ければiAntiVirusでセキュリティは確保します。

FAXをiPad・iPhoneから送る方法

FAXをiPad・iPhoneから送る方法は多くある。

  1. FileMakerGoを使用
    1. サーバーに、FAX送信用ファイルメーカーファイルを設置、詳しくはこちら
    2. iPadではアップルスクリプトが動かないので、ファイルメーカーのスクリプトだけで動ファクス送信画面を保存。
    3. サーバー側でファクス送信をする。(サーバー側には1の環境ができていることが前提)
    4. 時間設定で動くようにするか、フォルダーアクションを使用して、ファクスを送信する。
  2. メールで内容を送信。
    1. 詳しくはこちらを参照。
    2. メール送信をすると、その内容を自動的にファクス送信ファイルメーカーファイルで、FAXを送信する。前項の応用。
  3. PalmFaxで送信。(ユーザー登録とクレジットを購入済み。1送信12円くらい)通常カバーページからテキストのみ簡単な文書は送ることができる。
    1. PagesやNumbersなどから送信する方法。
      1. Box.net http://www.box.net/に登録
        無料の「Lite版」総容量1GB
      2. Pagesで書類を作る(FAX送信用ファイル)
        ヘッダーなどを作ってひな形で置いておいて、必要部分を変更すると良い。
    2. WebDavにコピー
      サーバアドレス:http://box.net/dav
      ユーザー名:Box.netに登録したメールアドレス
      パスワード:Box.netに登録したパスワード
    3. PalmFaxを開く。
      ファイルを選択から、オンラインドキュメント、Box.netを選択すると、コピーしたファイルがあるのでそれを選択して、ファクス送信するだけ。