FAXをiPad・iPhoneから送る方法

FAXをiPad・iPhoneから送る方法は多くある。

  1. FileMakerGoを使用
    1. サーバーに、FAX送信用ファイルメーカーファイルを設置、詳しくはこちら
    2. iPadではアップルスクリプトが動かないので、ファイルメーカーのスクリプトだけで動ファクス送信画面を保存。
    3. サーバー側でファクス送信をする。(サーバー側には1の環境ができていることが前提)
    4. 時間設定で動くようにするか、フォルダーアクションを使用して、ファクスを送信する。
  2. メールで内容を送信。
    1. 詳しくはこちらを参照。
    2. メール送信をすると、その内容を自動的にファクス送信ファイルメーカーファイルで、FAXを送信する。前項の応用。
  3. PalmFaxで送信。(ユーザー登録とクレジットを購入済み。1送信12円くらい)通常カバーページからテキストのみ簡単な文書は送ることができる。
    1. PagesやNumbersなどから送信する方法。
      1. Box.net http://www.box.net/に登録
        無料の「Lite版」総容量1GB
      2. Pagesで書類を作る(FAX送信用ファイル)
        ヘッダーなどを作ってひな形で置いておいて、必要部分を変更すると良い。
    2. WebDavにコピー
      サーバアドレス:http://box.net/dav
      ユーザー名:Box.netに登録したメールアドレス
      パスワード:Box.netに登録したパスワード
    3. PalmFaxを開く。
      ファイルを選択から、オンラインドキュメント、Box.netを選択すると、コピーしたファイルがあるのでそれを選択して、ファクス送信するだけ。

“FAXをiPad・iPhoneから送る方法” への1件の返信

コメントを残す