FAXをiPad・iPhoneから送る方法

FAXをiPad・iPhoneから送る方法は多くある。

  1. FileMakerGoを使用
    1. サーバーに、FAX送信用ファイルメーカーファイルを設置、詳しくはこちら
    2. iPadではアップルスクリプトが動かないので、ファイルメーカーのスクリプトだけで動ファクス送信画面を保存。
    3. サーバー側でファクス送信をする。(サーバー側には1の環境ができていることが前提)
    4. 時間設定で動くようにするか、フォルダーアクションを使用して、ファクスを送信する。
  2. メールで内容を送信。
    1. 詳しくはこちらを参照。
    2. メール送信をすると、その内容を自動的にファクス送信ファイルメーカーファイルで、FAXを送信する。前項の応用。
  3. PalmFaxで送信。(ユーザー登録とクレジットを購入済み。1送信12円くらい)通常カバーページからテキストのみ簡単な文書は送ることができる。
    1. PagesやNumbersなどから送信する方法。
      1. Box.net http://www.box.net/に登録
        無料の「Lite版」総容量1GB
      2. Pagesで書類を作る(FAX送信用ファイル)
        ヘッダーなどを作ってひな形で置いておいて、必要部分を変更すると良い。
    2. WebDavにコピー
      サーバアドレス:http://box.net/dav
      ユーザー名:Box.netに登録したメールアドレス
      パスワード:Box.netに登録したパスワード
    3. PalmFaxを開く。
      ファイルを選択から、オンラインドキュメント、Box.netを選択すると、コピーしたファイルがあるのでそれを選択して、ファクス送信するだけ。

ファイルメーカーFAX送信スクリプト

PageSenderの

file://localhost/Library/Application Support/PageSender/AppleScript Examples/

よりFilemaker Pro Example.fp7

を加工して使用する。

  1. まず、フィールドを作成
    1. pagesender Folder(名前は何でも良い)   テキスト
    2. Name(使っているフィールドでも、何でもいい)名前を入れるところ
    3. Description(使っているフィールドでも、何でもいい)サブジェクトタイトルを入れるところ
    4. Fax Number(使っているフィールドでも、何でもいい)FAX番号を入れるところ
  2. 次にレイアウトを作成
    1. FAX(名前も自由。既存のレイアウトでいい)
    2. Data Entry(名前も自由。既存のレイアウトでいい)データを表示しているところ
      FAX送信に必要なデータフィールドを表示する。
    3. Config(名前も自由。既存のレイアウトでいい)設定値を入れるところ。
      ここに、フィールド pagesender Folderを配置しておく
  3. 次にスクリプトを変更
    1. Fax Invoicesの変数を設定の値を変更(◯◯◯の部分をデータが格納されているテーブル名にする)
      “filemac:” & ◯◯◯::pagesender Folder & “/FMProExport.pdf”
    2. get pagesender data folder pathのAppleScriptを変更(以下の部分の◯◯をファイル名にする、アプリケーションは使っているファイルメーカー名にする)
      tell application “FileMaker Pro Advanced”
      if (version as text < “7”) then
      set theDoc to document “◯◯.fp7”
      else
      set theDoc to item 1 of (documents whose name starts with “◯◯”)
      end if
    3. runCompiledFaxScriptのAppleScriptを変更
      1. まず2.と同じところ同じように変更
      2. 次に、 送信するファクスページのレイアウト名を◯◯に入れる。Invoiceをそのまま使う場合は変更しない。
        tell theFaxInfo
        set regarding to “◯◯”
        set schedule at to “now”
        end tell

        tell theFaxInfo set regarding to “FAX” set schedule at to “now” end tell

  4. ファイルメーカーは以上で完成
  5. 次に、PageSenderの設定の留意点。
    こちらの環境では、どうしても、スマートダイヤルを使用するらしい。なので、以下のget pagesender data folder pathのAppleScriptを変更した。
    tell theFaxNumber
    set phone number to varPhoneValue
    set name to varNameValue
    set country code to “1”
    end tell

    tell theFaxNumber
    set phone number to varPhoneValue
    set name to varNameValue
    end tell
    に変更。set country code to “1”を除いた。
  6. 次にPageSenderFaxCenterの環境設定のダイヤルのところの設定は下記の通り
  7. 次にPageSenderFaxCenterの環境設定のモデムのところの設定は下記の通り
  8. ファックスのファックスサービスはファックスモデム(ユニックス efax)を選択

以上で完成です。

ファイルメーカーからファイル単位でBENTOへ書出し

ファイル単位で書き出す場合、EXELの形式で1行目をタイトルの値に使用して書き出す。繰り返しフィールドは対応していない。文字コードはUTF-16に自動的になり、変更出来ません。

BENTOからインポートでファイルを選択して、1行目にタイトルの値を使用してください。

会員ベーシック認証パスワード一括自動取込

パスワードの登録受付(ゲストブックなど)
パスワード登録受付メールの送信(審査中)
メールをメールアクションに送信
メールのフォルダーが感知
ファイルメーカーのスクリプト実行
メールの取込
メンバーの照合
メンバー確認ができた場合は、パスワードとe-mailの台帳への登録
確認メールの送信
メンバー確認ができたら、登録完了メール送信
メンバー確認ができなければ、未確認メール送信
メンバー確認ができた場合は、パスワードデータをテキストで指定ディレクトリーに書出。
(追加ではなく全データを書き出す)******.csv
フォーマットCSV(shift_Jis)改行で1データを区切る最後は改行
id,passwd,email,reg_date,rh,ua
半角数字6桁,半角数字8桁,***@****.***,2011-04-12
18:28:16,電話番号,氏名
URLを開くで、パスワード生成CGIを自動実行
(全データを置き換える:セキュリティ対策)
以上で、パスワードの登録を受け付け、会員台帳と照合して会員専用ディレクトリへのベーシック認証、及び、会員専用サイトへのログインが可能になります。
既に登録済み会員は一括でディレクトリーのベーシック認証が行えるように一括で登録済みです。

パスワードの登録受付(ゲストブックなど)
パスワード登録受付メールの送信(審査中)

メールをメールアクションに送信 メールのフォルダーが感知 ファイルメーカーのスクリプト実行
メールの取込 メンバーの照合 メンバー確認ができた場合は、パスワードとe-mailの台帳への登録 確認メールの送信
メンバー確認ができたら、登録完了メール送信 メンバー確認ができなければ、未確認メール送信

メンバー確認ができた場合は、パスワードデータをテキストで指定ディレクトリーに書出。(追加ではなく全データを書き出す)******.csvフォーマットCSV(shift_Jis)改行で1データを区切る最後は改行id,passwd,email,reg_date,rh,ua半角数字6桁,半角数字8桁,***@****.***,2011-04-1218:28:16,電話番号,氏名 URLを開くで、パスワード生成CGIを自動実行(全データを置き換える:セキュリティ対策)

以上で、パスワードの登録を受け付け、会員台帳と照合して会員専用ディレクトリへのベーシック認証、及び、会員専用サイトへのログインが可能になります。
既に登録済み会員は一括でディレクトリーのベーシック認証が行えるように一括で登録済みです。

メール受信を自動的にファイルメーカーに取り込むシステムが完成しました。

  1. makeコマンドを使うために,XCODEをインストール https://connect.apple.com/
  2. nkf201.shar.gzを使用します。(サーバーにインストール済)ApplicationBankに保存しています。
    ダウンロードはこちらhttp://www.ie.u-ryukyu.ac.jp/~kono/pub/software/nkf201.shar.gz
    インストールはターミナルから

    zip -d nkf201.shar.gz
    $ sh ./nkf201.shar
    $ cd nkf201
    $ make
    $ make test

    make test で全てOkと表示されたら以下の様にインストールします

    # sudo cp nkf /usr/local/bin

    rootで再ログインします。ターミナルで

    # perl -MCPAN -e shell

    を実行すると英語でいろいろ聞いてきますので、国とダウンロード用サイトを選ぶ以外は全部Enterキーで飛ばします。地域と国はそれぞれAsiaとJapanを選択して、ミラーサーバは適当に選んで下さい。選んだ後もいろいろ出てきますが

    cpan>

    というプロンプトが表示されるまでEnterで飛ばして下さい。プロンプトが表示されたら

    cpan>install Mail::POP3Client

    でインストールされます。インストール後はexit CPANのモードを抜けて下さい。

    これでファイルメーカー以外の環境は整いました。

  3. http://www.fmpro.jp/contents/040070/GetMail.dmgからGetMail.dmgをダウンロード(ApplicationBankに保存)
  4. popメールのアカウントを作成
  5. 展開する。各ファイルの設定は、保存分を参照。
    ※シェルスクリプト(.sh)はコメントをはずして、

    #FileMakerPro7に取込
    ./import.app

    以上をを削除する。

  6. mailclient.plは各設定をして$pop->Delete($i);の#を外す。(受信したらサーバーから削除)
    .txtは削除しなくても上書きされます。
  7. ファイルメーカーのスクリプトを調整
  8. import.appは再コンバイルが必要。カットペーストでスクリプトを再貼り付けして保存。
  9. task3.appでアクション「シェルスクリプトを実行」で下記のシェルスクリプトを書き込む

    #!/bin/bash
    #ディレクトリ移動 ****はuser名
    cd /Users/****/Documents/GetMail
    #メール取得スクリプト実行
    perl mailclient.pl
    #文字コード変更
    /usr/local/bin/nkf -s Mail.txt > MailData.txt

  10. task3.appでアクション「ファイル/アプリケーションを開く」でimport.appを指定。又はアップルスクリプトを実行で直接書き込むのも可。

    tell application "FileMaker Pro"
            activate
            tell database "メール受信.fp7"
                    do script FileMaker script "メール取り込み"
            end tell

    end tell

  11. トリガーは「フォルダ/ファイルを監視」にて、/var/spool/imap/devocot/******************のフォルダーを選択(以上のアカウント)

    以上で、アカウント宛に送られたメールは 自動的に

    • メールのヘッダからDate、From、To、Cc、Bcc、Subjectの本文、添付ファイル名までが取り込まれます。
    • 詳しくはTool内の、FMmailマニュアルを参照。

MySqlとファイルメーカーのコネクト

MySqlとファイルメーカーのコネクトをするためには、MySQLコネクトの64ビット版の開発を待つ。テストとして、ONEで開発を行うことも良いが、10.5までのOSしか対応していないので、これも不安定。マニュアルは下記フォルダーにあり。

WordPress Welcartに商品を一括登録

  1. usc-e-shop/classes/itemlist.clas.phpのmaxRowを4500に変更
  2. Fuguでec-shopプラグインフォルダー内のlogsフォルダーを777に(内のファイルも)
  3. ファイルメーカーで書き出し(商品マスターのスクリプト有り)
  4. タブを,に変換(CotEditor)一括置き換え
  5. エンコードをLFに
  6. .csvにして書き出し。
  7. wpで全削除してから、読み込み