FAXをiPad・iPhoneから送る方法

FAXをiPad・iPhoneから送る方法は多くある。

  1. FileMakerGoを使用
    1. サーバーに、FAX送信用ファイルメーカーファイルを設置、詳しくはこちら
    2. iPadではアップルスクリプトが動かないので、ファイルメーカーのスクリプトだけで動ファクス送信画面を保存。
    3. サーバー側でファクス送信をする。(サーバー側には1の環境ができていることが前提)
    4. 時間設定で動くようにするか、フォルダーアクションを使用して、ファクスを送信する。
  2. メールで内容を送信。
    1. 詳しくはこちらを参照。
    2. メール送信をすると、その内容を自動的にファクス送信ファイルメーカーファイルで、FAXを送信する。前項の応用。
  3. PalmFaxで送信。(ユーザー登録とクレジットを購入済み。1送信12円くらい)通常カバーページからテキストのみ簡単な文書は送ることができる。
    1. PagesやNumbersなどから送信する方法。
      1. Box.net http://www.box.net/に登録
        無料の「Lite版」総容量1GB
      2. Pagesで書類を作る(FAX送信用ファイル)
        ヘッダーなどを作ってひな形で置いておいて、必要部分を変更すると良い。
    2. WebDavにコピー
      サーバアドレス:http://box.net/dav
      ユーザー名:Box.netに登録したメールアドレス
      パスワード:Box.netに登録したパスワード
    3. PalmFaxを開く。
      ファイルを選択から、オンラインドキュメント、Box.netを選択すると、コピーしたファイルがあるのでそれを選択して、ファクス送信するだけ。

携帯振り分け.htaccses

下記ドキュメントを記述して、.htaccess のファイルを作成して、第一階層に保存。WEB共有を再起動
(i)は携帯用フォルダー
# .htaccessパソコンからアクセスすると pc フォルダに自動転送
# 携帯からアクセスすると mobi フォルダに自動転送
# Options -Indexes
# < IfModule mod_rewrite.c>
# DoCoMo
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} DoCoMo
RewriteRule ^$ /i/ [R]
# Softbank
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} J-PHONE
RewriteRule ^$ /i/ [R]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} Vodafone
RewriteRule ^$ /i/ [R]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} SoftBank
RewriteRule ^$ /i/ [R]
# AU KDDI
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} KDDI
RewriteRule ^$ /i/ [R]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} UP.Browser
RewriteRule ^$ /i/ [R]
# DDI Pocket
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} DDIPOCKET
RewriteRule ^$ /i/ [R]
# WILLCOM
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} WILLCOM
RewriteRule ^$ /i/ [R]
# iPod
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} iPod
RewriteRule ^$ /i/ [R]
# iPhone
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} iPhone
RewriteRule ^$ /i/ [R]
# WILLCOM
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} PDA
RewriteRule ^$ /i/ [R]
# < /IfModule>

# .htaccessパソコンからアクセスすると pc フォルダに自動転送# 携帯からアクセスすると mobi フォルダに自動転送
# Options -Indexes# < IfModule mod_rewrite.c>
# DoCoMoRewriteEngine OnRewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} DoCoMoRewriteRule ^$ /i/ [R]
# SoftbankRewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} J-PHONERewriteRule ^$ /i/ [R]RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} VodafoneRewriteRule ^$ /i/ [R]RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} SoftBankRewriteRule ^$ /i/ [R]
# AU KDDIRewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} KDDIRewriteRule ^$ /i/ [R]RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} UP.BrowserRewriteRule ^$ /i/ [R]
# DDI PocketRewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} DDIPOCKETRewriteRule ^$ /i/ [R]
# WILLCOMRewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} WILLCOMRewriteRule ^$ /i/ [R]
# iPodRewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} iPodRewriteRule ^$ /i/ [R]
# iPhoneRewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} iPhoneRewriteRule ^$ /i/ [R]
# WILLCOMRewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} PDARewriteRule ^$ /i/ [R]
# < /IfModule>

WordPressの更新情報サービスと最新更新の確認

サイト管理の投稿設定で下記の設定を行う。

更新情報サービス

新しい投稿を公開すると、WordPress は次のサイト更新情報サービスに自動的に通知します。詳細は Codex の Update Services を参照してください。複数の URL を入力する場合は改行で区切ります。

http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2
http://audiorpc.weblogs.com/RPC2
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://blogpeople.net/ping
http://blogsearch.google.ae/ping/RPC2
http://blogsearch.google.at/ping/RPC2
http://blogsearch.google.be/ping/RPC2
http://blogsearch.google.bg/ping/RPC2
http://blogsearch.google.ca/ping/RPC2
http://blogsearch.google.ch/ping/RPC2
http://blogsearch.google.cl/ping/RPC2
http://blogsearch.google.co.cr/ping/RPC2
http://blogsearch.google.co.hu/ping/RPC2
http://blogsearch.google.co.id/ping/RPC2
http://blogsearch.google.co.il/ping/RPC2
http://blogsearch.google.co.in/ping/RPC2
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://blogsearch.google.co.ma/ping/RPC2
http://blogsearch.google.co.nz/ping/RPC2
http://blogsearch.google.co.th/ping/RPC2
http://blogsearch.google.co.uk/ping/RPC2
http://blogsearch.google.co.ve/ping/RPC2
http://blogsearch.google.co.za/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com.ar/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com.au/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com.br/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com.co/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com.do/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com.mx/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com.my/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com.pe/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com.sa/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com.sg/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com.tr/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com.tw/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com.ua/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com.uy/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com.vn/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com/ping/RPC2
http://blogsearch.google.de/ping/RPC2
http://blogsearch.google.es/ping/RPC2
http://blogsearch.google.fi/ping/RPC2
http://blogsearch.google.fr/ping/RPC2
http://blogsearch.google.gr/ping/RPC2
http://blogsearch.google.hr/ping/RPC2
http://blogsearch.google.ie/ping/RPC2
http://blogsearch.google.it/ping/RPC2
http://blogsearch.google.jp/ping/RPC2
http://blogsearch.google.lt/ping/RPC2
http://blogsearch.google.nl/ping/RPC2
http://blogsearch.google.pl/ping/RPC2
http://blogsearch.google.pt/ping/RPC2
http://blogsearch.google.ro/ping/RPC2
http://blogsearch.google.ru/ping/RPC2
http://blogsearch.google.se/ping/RPC2
http://blogsearch.google.sk/ping/RPC2
http://blogsearch.google.us/ping/RPC2
http://feedsky.com/api/RPC2
http://hamo-search.com/ping.php
http://ping.blo.gs
http://ping.fc2.com/
http://ping.kutsulog.net/
http://ping.myblog.jp
http://ping.namaan.net/rpc
http://ping.syndic8.com/xmlrpc.php
http://ping.weblogalot.com/rpc.php
http://rpc.bloggerei.de/ping/
http://rpc.blogrolling.com/pinger/
http://rpc.icerocket.com:10080
http://rpc.icerocket.com:10080/
http://rpc.pingomatic.com
http://rpc.reader.livedoor.com/ping
http://rpc.twingly.com
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://services.newsgator.com/ngws/xmlrpcping.aspx
http://www.blogpeople.net/ping/
http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates
http://www.feedsky.com/api/RPC2
http://www.octora.com/add_rss.php
http://xping.pubsub.com/ping
http://xping.pubsub.com/ping/
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://ping.namaan.net/rpc/
http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates
http://ping.myblog.jp
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://ping.myblog.jp
http://rpc.blogrolling.com/pinger/
http://rpc.pingomatic.com/
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates

を入力して変更を保存します。

この変更のリンクの最新を確かめる方法を定期的に実施します。

RSS生成CGIを利用します。

ログインしてから、更新ping設定に、リンクを丸ごとコピーします。

更新pingの設定を行います。?マークをクリックすると、各設定項目の説明が表示されます。必ず説明をご覧頂き、適切な値を設定して下さい。

設定ボタンを押します。

そこのサイトで新たな記事を作成します。

更新ping送信処理が完了しました。と表示した中で問題のあるものは赤字で表示されるので、その部分を修正するか、あまり多い場合は削除した方が良い。(ping送信の無駄を省きます)

WordPressの外国語版のテーマを日本語化

codestyling-localizationというプラグインを導入。

ツールからlocalizationを選択、日本語化したいテーマやプラグインを選択、今回はテーマAtahualpa v3.6を日本語化します。
日本語を選択します。
create po-fileボタンを押してpoファイルを作成します。
You do not have the permission to create the file ‘/Library/WebServer/Documents/mgfsite/com/wp-content/themes/atahualpa36/ja_JP.po’.
というアラートが出たら、指定されたホルダーを書き込み有効なパーもっしょんに変更します。すると、Manage Language Filesのテーマのところに、新たなランゲージとして日本語が追加されます。
そして、.poを有効にして、editで日本語にしたい英語を日本語にして編集します。例えば「Leave a comment」を「コメントをどうぞ」と変更します。saveボタンを押すとTranslate Language Fileに変更が表示されました。そして、上部のボタンでmoファイルを作成します。
作成された日が右に表示されました。終了です。他の言葉も同じようにして変更します。一括で作成した方がいいでしょう。
しかし、このままでは反映されません。そのテーマホルダーの直下に行って、ja_JP.moをさがし、ja.moに変更します。これで終了です。(追加の時は古いja.moは削除します)
しかし、どうもAtahualpa v3.6は独自に日本語化したところは優先されているようで、テーマオプション化にあるものはそこで編集しないと反映されないようですので、外観からテーマオプションを編集します。編集するところは、
EDIT POST/PAGE INFO ITEMです。
‘Leave a comment’, ‘One comment’などですが、”内がテキストコメントです。これを変更します。まずLeave a commentをコピーして検索します。最初のところをコメントをどうぞに変更してそのテキストをコピーします。そして貼り付けます。次の語句を選択します。
保存します。

これで完全に日本語化されました。

PageSenderによるFAXサーバー構築

サーバーで受けたファクスは、社内メールでファクス添付されて送信される。

サーバーに原本は保存されているのでいつでも見ることはできる。

社内のパソコンから、PageSenderでファクスを送ると、サーバーから発信される。

原本はサーバーに保管される。

Growlで送信通知が各パソコンに発信される。

送信失敗も成功も通知される。メールでも通知される。メール受信によるiPhoneでも見ることができる。

MAC OS10.6.6サーバーにPageSenderをインストール。

モデムはUSBのUSRoboticsをサーバーに接続。

USRoboticsドライバーをインストール。

再起動

サーバー管理のプリントを稼働。

共有設定をして名前を作成

モデムの設定はUSBモデムを選ぶ。オプションはその他を選んで、デフォルト。

発信にはT^はつけない。

ネットワークでUSRoboticsを選択して詳細で設定。

再起動

クライアント機に、Pagesenderドライバーをインストール。

プリント設定から、ネットワークにあるPageSenderを選択。

ドライバーは自動で設定される。

終了。

(Mac OS X Server) Time Machineからの復旧でWEBサービスが起動しなくなるとのことでした。

MAC OSX 10.6.6server 復旧記

MAC OSXサーバーを10.6.6にアップグレードしていたところ、アップグレード中にエラーが出て、その後、メールサーバーやウェブサーバーが使えなくなり、その上、ノートンのアンチウィルスまでインストール不可となり様々な障害が出ました。

アップルのサーバー担当の方と奮闘しましたが、最終的に、Wikiサーバーがエラーを出して復旧できなくなりました。

そして最後には、新規インストールしかないとのサポートの結論でした。

そんな馬鹿なと言うことで、下記の復旧を行うこととしました。

1・まず、今まで正常に動いていたことを確認できている時まで遡って、タイムマシーンでシステム復元します。

※アップルのサポートに問い合わせると、このシステム復元では復旧できないし、サーバーに関しては様々なエラーが出るとの技術情報もあるので、やめた方がいいと言うことでした。

2・といわれても、とりあえず実験を試みると言うことで挑戦です。バックアップサーバーの方に、タイムマシーンから正常な時期のシステムを復旧しました。

データ系統はその時期のものに変わってしまうので、表側のサーバーから、ホームのデータを全て移行しました。その他下記のデータを丁寧に移動します。

SQLのデータ

imapのスプールデータ

WIKIのデータ

カレンダーサーバーのデータ

webserverのデータ

その他変更のあるところ(QuickTimeのストリーミングなど)

アカウントは、オープンディレクトリーのアーカイブを書き出して読み込む。

※以上は、元のサーバーが正常なときに限ります。又、1台しかサーバーがないときには前もってバックアップを書き出しておきます。(アクセス権などが変更され結構大変ですが)又は、タイムマシンに最新を書き出しておいて、タイムマシーンから復旧します。これはアクセス権の問題もないようです。)

3・あれWikiがやはり動きません。ところが、ちゃんとアップルではこの問題の対処方法があったのです。これです!!1 2 3

Mac OS X v10.5, Mac OS X Server v10.5:Time Machine バックアップから復元すると、Web、メール、Wiki、パーソナル Web 共有、ペアレンタルコントロールのサービスを起動できなくなる

現象

Mac OS X v10.5 (クライアント) で Time Machine バックアップから復元を行うと、パーソナル Web 共有とペアレンタルコントロールの Web フィルタが起動できなくなることがあります。

Mac OS X Server v10.5 で Time Machine バックアップから復元を行うと、Web、Wiki、メールサービスが起動できなくなることがあります。

解決方法

Time Machine バックアップに含まれていないフォルダを下記の手順で再作成します。

Web サービス (サーバ) およびパーソナル Web 共有 (クライアント) の復元や、ペアレンタルコントロールの Web フィルタ(クライアント)で制限されているユーザのインターネットアクセスの復元を行うには、以下の手順に従います。

  1. 「ターミナル」を起動します (/アプリケーション/ユーティリティ)。
  2. 以下のコマンドを実行し、行ごとに「Return」キーを押します。注意:コマンドを使用すると、管理者パスワードが要求されます。sudo mkdir /var/log
    sudo mkdir /var/log/apache2

  3. Wiki サービス (サーバ) を復元するには、上記のコマンドに続き、以下のコマンドを実行します。

    sudo mkdir /Library/Logs/wikid

    sudo chown _teamsserver:_teamsserver /Library/Logs/wikid

  4. メールサービス (サーバ) を復元するには、以下のコマンドを実行します。sudo /etc/postfix/post-install create-missing
  5. コマンドを実行したら、各サービスを停止して開始し直すか、コンピュータを再起動します。

4・そして・・・・・おおおお完璧です。全てが正常に動きました。